歯医者で定期メンテナンスして長く自分の歯を残しましょう

男性医師

目立たない矯正方法

矯正

昨今の矯正歯科では、目立たない歯の矯正を行なうことができるようになっています。かなり昔には、歯の表面にワイヤーの器具をセットして行なう方法や、歯を抜くことや、切開するしかなかった矯正ですが、現在では目立たず、切らず、抜かないでできる矯正方法もあります。矯正歯科では、こうした治療を用いて大人の歯の矯正も行なっています。歯並びが気になるのであれば、相談してみると良いでしょう。現在、矯正歯科で行なわれている歯並びの矯正方法としては、従来の通りの歯の表面にワイヤーをセットする方法と、歯の裏側にワイヤーをセットする方法、さらに透明マウスピースでの調整などを行なうことができます。かなり離れてしまっていたり、歯の位置が相当ズレていたりする場合には、数本の歯を抜くこともあります。しかし昨今では、できる限りは抜かずに対処するようになっています。従来のワイヤーの方法でも、多くの場合、ワイヤーの色をホワイトにして目立たないように配慮されています。しかし、ワイヤーで口内を傷つけることもあるので、可能であれば透明マウスピースの方が良いでしょう。透明マウスピースは近くで見ても、違和感がなく目立ちません。また、付け外しが自分でできるので、歯磨きなどのケアも行ないやすいのです。口内環境を衛生的に保つことができるので、新たな虫歯にもなりにくいメリットがあります。歯の形に合わせてマウスピースを作り、数ミリ単位で形の違うマウスピースを付け替えていく治療方法になります。興味があれば、カウンセリングを矯正歯科で受けてみると良いでしょう。